ニットジャケットの限界点

この秋冬、ヨーロッパ方面ではニットアウターブームらしく、〔化合繊のダウンいっぺんとうのツケ?〕大手セレクトショップより開発のご要望をいただいた。ハリスツイードJKを超える迫力と着心地のよさを追求した結果、写真のアイテムが完成した。山形県のなんとか震災の難を免れた3ゲージ機で古典的なフィッシャーマン柄をあみたて、縮じゅうした編地からこのテーラードJKを組み上げています。迫力のカーディガンJKといったところでしょうか?  学

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です