8月 072013
 
 2013.08.07  Announce

中学生の頃、初めて501を試着したのはアメ横のミリタリー放出屋の奥にあったジーンズショップであった。店員はデビュー当時のcharそっくりで、ふくらはぎとふとももが同じ太さの様な人だった。80年代初頭の僕らはやたらと股上の深いテーパードジーンズを履いていたので、細身のcharに見立ててもらった人生初の501は股上が浅く,がに股で腿の付け根がちょうちんのように膨らむ不恰好なジーパンで,これは白人にしか似合わないなと思った。これが13歳の俺の結論であった。 あれから33年、スロウガンから新型ジーンズがリリースされる。股上の深さはあの33年前の501のイメージ。腰周りから裾にかけては美しくテーパードを加えている。あの13歳の試着経験から始まり、ようやくアジア人体型がきれいにはまるシルエットにたどり着いた。そういえば、1988年当時パリのアニエス・ベー本店では501を店の定番として置いていた。ちょっとテーパードしたヨーロッパ企画だったと思う。501を洗練させていく手法で90年代リバイバル表現するのはまちがいない気がする。そんな時代感の中から生まれたSD-08。parisのようですごくtokyoな1本。7サイズ展開にてお待ちしております。

詳細はこちらから
http://shop.slowgun.jp/product/sd-08/

ストレート テーパード 5P デニム

Scroll Up