4月 072011
 
 2011.04.07  Murmurar

ロワイースト 朝焼け

ニューヨーク リビングトン通りで出会った男。あきらかにUS NAVYの時代物のピーコートの襟を軽く立てフレンチブルをノーリードで散歩させていた。鎧のようにも見えるヘビーメルトン・・・カッコイイ。。 いつからわれわれ日本人はは、こんなに軽いアウターしか着なくなったのだろうか?パターンカッティングで重さを感じずに着こなせるハードコアなP-COATを作ってみたくなった。 ブルックリンのウエアハウスで入手した40年代の鎧をTUMIのスーツケースに携えて帰国。 次回 素材編

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)

Scroll Up