『自転車泥棒』のお父さんに叱られた。

実家に帰った時、ふと『自転車泥棒』のDVDをみつけた。駅の改札横で¥500で売っているやつだ。敗戦間もないローマで貧しさと不条理の中、たくましく生きる親子の話。 後半こんなシーンがある。犯人を追い詰めるもどうしても自転車が見つからない。息子がふてくされて着ていたJKを脱ぎ、肩にかけて歩き出す。そう小林旭のように。すると父は『男なのだから上着を着なさい。』と息子を諭す。親子にとって、いやイタリア男にとってどんなにぼろでも上着を着ることは尊厳を保つ意味を持つ。お父さんは決して冷房を強くしてJKを着ろ と言っているのではない。この夏、はたして日本男子は節電しながら尊厳を保てるか?そんな時、スロウガンの疑麻カーデガン、秀作です。 M

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です