進化の功罪

ここ数年でインクジェットプリントは飛躍的な進化を遂げた。が、どうしてもインクを重ねた発色ではないのでなにかうすっぺらに見えてしまう。またいくら色補正した原稿を渡しても布にのるときは現場の方まかせでここはブラックボックスになっている・・・。入荷したこのTシャツはサンフランのスーべニール古着をコラージュしたもので、もともとざらついた画像からのスタートゆえ柄に予期せぬグラデーションが生まれいい感じに仕上がった。 これだけ家庭向けのプリンタが安価で高性能なのだからTシャツに刷れるシステムができればなーと思う。70年代ロンドンのDIYちっくなフォトTを夢でうなされる位作ってみたい。
スーべニール・インクジェットT

スーべニール・インクジェットT

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です