,

発掘 デットストック英国ツイード糸

あるところにはあるものです。80年代から輸入したものの日の目を見なかったのか多く入れすぎたのか今や知る由もありません。通称ツイードというものは1本の糸の中に何色ものカラーが練りこまれています。よくハリスツイードなどで言葉でその色を表現できないような複雑なものがあります。要するに多くの英国伝統色が練りこまれているわけです。今回はそんなすばらしい糸を使って、超大柄のブランケットやあえて丸編み機でストレッチするツイードヘリンボンなどに挑戦しました。そして、試織が出来上がりました。想定以上の最高の仕上がりです。次回、デザインへの落とし込み編です。 学

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です