3月 152014
 
 2014.03.15  Making...

ただいま新宿伊勢丹メンズ館にてリバティーコラボイベント開催中。スロウガンもお声かけいただき、昭和の電話帳の様な厚みの英LIBERTY社生地見本の中から見たこともないシュールでレアなフラワー&リーフ柄をチョイス。本来綿ローンにプリントするところを北陸にてナイロンに刷りました。シルエットはパタゴニア・初期デカネーム時代のたっぷり身幅タイプで仕上げておりマス。ごくごく少量生産です。気になる方はお早めに。この柄、ちょっとムーミンの原画的シュールさがありますです。。(1 - 1)-16

2月 032014
 
 2014.02.03  Making...

スロウガン2014 S/SデニムSHOP COATの深い拘りと視点。今期のメインテーマがポートランド・ライフとしておきながらも、裏テーマとして『80~90年代のはっとする着こなし』こんなのが横たわってマス。じゃあ、具体的にとなると外せないのが外タレの「腕まくり
」これに尽きます。ホール&オーツ、クラプトン、etc etc。 この
まくったヌケ感をなんとデニムコートの袖口に機能として仕込みました。
ちょっと懐かしいあの感じの演出に是非。テレビ各局の衣装さん、宜しくお願い致します。笑

(1 - 1)-8

うでまくり

(1 - 1)-9

(1 - 1)-10

11月 162013
 
 2013.11.16  Making...

御好評いただいておりますダッフル・ダウンには印象を大きく変える仕掛けが隠されています。
たとえばフードを付けてアウトドア調に、はずすとシンプルな首元、そして付属の襟をつけるとシャープな印象に。
雪や雨などが多くなるこれからの季節には化繊の表地がおすすめです。

ラグジュアリーシェル ダッフルダウンコート
詳細はこちら

(1 - 1)-2

(1 - 1)-3

Scroll Up