9月 112014
 
 2014.09.11  Announce

image

昨年のPORTLAND旅行がきっかけでこの度DANNER×スロウガンモデル製作の機会 をいただきました。 自分はファッションの人間ですので使いたい素材、表現したい質感などなど全 て理由があります。80余年のダナー社との社歴、デザイン歴と自分のイメー ジのマッチングを探っていくとそこにデザイン進行上、ゴアテックス社の防水 基準という大きな壁がありました。ゴア使用を謳うためには全ての素材にわた り使用認可を取らなくてはなりません。今回のプロジェクトをゴア認可素材の 中での色組み合わせ別注で終らせたくなかったので、あえてアイコンであるゴ アテックスの不使用を選択し、以下のコンセプトでデザイン進行いたしまし た。あくまでファッション目線のブーツとして・・・。

コンセプト1 科学的機能素材を自然素材の力に置き換えること。

*ゴアテックスに対してイタリア・ファリエロ サルティー社の何ともレ
トロで肌さわりの良い最高級リネンストライプ生地をインナーにセット

*耐水フルグレインレザー&コーデュラナイロンに対して奈良県で13
0年続く鹿専門のタンナーによるベジタブルタンニン鞣しの厚口ディアスキン
をアッパーに使用。インディアンの日常着や日本古来の武具が鹿革であること
は、この鹿素材の非凡な強度、通気性、軽量、柔軟性等を物語ります。

*最初期ダナーライトのアイコン・黒タブの黒色を極める為、ネームの素材は
シルク100%に。レーヨン織りネームでも近い効果はありますがきつめに糊
づけした糸でないと織ることが出来ず納品時はゴワゴワです。風合い・色の深
み、発色から考えてシルクネームを採用いたしました。

コンセプト2 フォルム、ディテールデザインに関して

*1979年誕生、80年発売のダナーライト。この80年初頭のレアモデルをベー スにいたしました。タン部分の大きく開いた窓、ヒールのTバックデザイン、 サイドのレザー部分が躍動感のあるカーブを描いているなど、生産数が増え、 作業効率的向上を目指した場合、確実に淘汰されたであろうディテールを集め てみました。

*ゴアテックスと並んでアイコニックなビブラム社のクレッターリフト。ここ
も初期の土踏まずに鋭角に張り付くディテールを再現いたしました。

*伝説のモデル『エクスプローラー』のようにアッパーの全てをレザーの表裏
コンビ使いとし、配色はアメリカン・ビンテージからユーロ・モードを連想さ
せるようなオリジナルにはないイメージを狙いました。クラシック、ビンテー
ジマニアの方からモード、ラグジュアリーゾーンまでカラーにより幅広い層に
アプローチできる1足です。

DANNER×SLOWGUN スペック
展開サイズ 24.5センチ~28センチ

予定 カラー 白×黒

ブラウン×オレンジ

ネイビー×黒
プライス ¥55000円 予価

展開時期 2014年 12月予定

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)

Scroll Up