3月 012013
 
 2013.03.01  Announce

例の着てしまえば全く分からない、裏の起毛のつぶにコストと時間をかけたスエットシャツ、入荷しました。両袖にラインと前後に51のナンバーをプリント。これがむちゃくちゃ難しかった。袖ラインは製品でのプリントが不可なので裁断物のキャッチボールを強いられる。製品になるまでけっこうな距離を旅してます。またプリントカラーは大成功。ボディーの色が本来、白だったインクの上に乗っかった感じ・・をお題に技を使ってみました。おおらかな頃のアメリカ製品って雰囲気をねらいました。カレッジ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須)

(必須)

Scroll Up