2015 恵比寿・代官山杯オープン戦。

かつて、ボルグvsマッケンロー 1980 ウィンブルドン決勝 ~ 伝説のタイブレークなんてすごい試合がありました。

それはスポーツとファッションが高次元で融合した最初の事例かもしれません。

またこの時の戦いはフィラ社とタッキーニ社の代理戦争でもあった訳です。

ウール製であることに驚き、価格にさらに驚きました。やっぱりイタリアは違う!と勝手に納得しながら・・・。

本来なら今の錦織選手なんかも圧倒的に手に入らない高嶺の花ブランドからシグニチャーモデルなんかが

出ないかなーなんて思います。憧れはすぐに手に入ってはダメなのです、少しためないと、、、。

なので、この度、あの頃のイタリアンジャージを企画いたしました。

12月発売のDANNER『DEER★TOKYO』と同じ素材使いのディアレザー・テニスジャージです。

当時の雰囲気をさらにラグジュアリーに、今のサイズ感にブラッシュUPいたしました。2015 (1 - 2) 2015 (2 - 2)

yjimageUICLGOH2たまたまですがダナー社のダナーライトも市場に出始めたのが80年頃なので

時代考証的にはピッタリなジャージ&ブーツなのです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です