1860年のツイード・ジェントルメン、現る・・・。

ついに始まりました、2ヶ月連続展示会スロウガン定番&スタジャン、アウター展。随時メインアイテムをご紹介させていただきます。最初はこれ、1860年撮影の『Gentleman victorien en tweedside』この1枚の写真を愛知県一宮に持ち込み組成の分析スタート。当時最もスタンダードだったドビー組織のルーティーンにのっとり、生地の表面に高低差をつけ、織り組織に立体感を表現した極めてクラシックなツイード地が出来上がりました。この1枚の写真から経験豊富なプロ中のプロがよってたかってイメージを作り上げる手法は本当に毎回楽しい。レジェンダリーな技術者の皆さん、末永く物作りを楽しみましょう。小林
ツイード万2 (1)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です