木村拓哉さんが脱がないと分からない件

今日の『笑っていいとも!増刊号』にて木村拓哉さんがスロウガン×ローリングストーンズ・スタジャンを着用&出演いたします。何よりも選んでいただいたことが作り手側としてうれしい限り。しかし、テレビ画面からは見えないものがある・・・。それは裏地である。実はここにけっこうな時間とコストをかけている。
この『メインストリートのならず者』のジャケット・アートワークを写真家ロバートフランクが行っている。現代写真の父といわれ、名作『The Americans』を生む。
この1冊がなかったら、ダイアンアーバスもナンゴールディンも今の作風ではなかったかもしれない。そんなロバートはこのアルバムジャケットにサーカスのフリークス写真やストーンズメンバー、更にはアメリカンズからもプリントを持ち出してのコラージュ作品として仕上げた。未だかつてロバートフランク作品がアパレル・マーチャンダイジングアイテムとしてはTシャツ以外存在していないはずだ。通常では絶対に手が出せない聖域だが、これはストーンズ側とのオフィシャルな仕事。我々は

ロバートフランクの裏地

ロバートフランクの裏地

ストーンズのおかげで神の作品を身にまとう事を許された。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です