日本メイドのチカラ

メイド イン ジャパン釦

メイド イン ジャパン釦

写真のボタンはアンティークではない。メイド・イン・大阪。自分にとってパーフェクトな日本製である。どうしてもボタンの仕上がりに納得できず、いつもの工場に泣きついた。古いフランスのハンティングメーカーの型を使い、真鍮版をセットしてガチャンとペダルを踏むと見事な動物レリーフが浮かび上がる。本当に1個1個手作りなのだ。そんなすばらしい技術と裏腹に、いわゆるの町工場なのできっと運営は大変だと思う。この話を展示会にいらした厚木・マスマティクス神宮さんにすると『絶対に製造工場はつぶしてはいけない。みんなの力でがんばらないと。』となんともうれしい一言。本当に『味』や『メンタリティー』を形にできる日本の工場はなんとか守らなくてはいけない。そして今日、われわれスロウガンは来秋冬ヨーロッパの展示会に向けて新たに動き出すことを決めた。われわれには、メイド・イン・日本の超高精度にイメージを形にしてくださる彼らが脇を固めていてくれる。最強チームで挑む。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です