ボタン1つに・・・。

よくストーンズのメンバーはウール製のミリタリージャケットを着ていた。ボタンは決まって真鍮製の半立体かぶせ式だ。それを今期秋冬のスロウガンアイテムでお世話になった大阪チームに依頼。フランスのビンテージハンティングジャケットに使われている動物レリーフボタンを作らせたらピカイチのテクニックを持つ彼ら。原型師との巧みな連携によりなんとも素朴な雰囲気に仕上げてくる。本来、工業製品に個性、個体差があってはいけないのだが、彼らの手にかかるとアナログ手法ならではの優しい顔つきになる。ボタンは必ず指先で触れる大事なパーツ。それでいて服の雰囲気までも左右する重要なパーツ。ぬかりなし。

スロウガン ストーンズ スタジャン

スロウガン ストーンズ スタジャン

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です