そして、ほぼ1ヶ月経過いたしました。

DEER★TOKYOインプレッションを始めて約1ヶ月がたちました。どうしても気づかぬうちに蹴っ飛ばしてトゥ先端部分に傷が入りますね。USのダナーライトですと、つま先部分の革は基本的になか白の染めなので結構めくれてしまいます。鹿はそこまでは目立ちませんが気をつけないといけませんね。ただワークブーツの傷は自分はあまり気にしません。あることにすぐになれますし、どんどん味が増していると不思議に思えてきます。オールデンのコードバン・プレントゥを履いた初日に1センチほどがりっとつま先をやってしまい復活できなかった時は泣けました。コードバンは実はミクロな毛並みがあってそれがべたっと寝ている状態だそうで、その組織が独特のつや感を生むそうです。その分刃物で切ったような傷には要注意、です。次回はDEER★TOKYOに付いてしまった傷をかっこよく演出するリペアペインターを取材してまいります。

2015 (2 - 5) 2015 (1 - 5) 2015 (3 - 5) 2015 (4 - 5) 2015 (5 - 5)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です