About Us

 

Brand Concept

「なつかしくて新しい服」が、基本テーマ。
60~70年代の映画、音楽をインスピレーションの根源とし、「次の最新」を、時代の気分や過去のエッセンスから抽出。デザインからウェア製造までのアプローチを行っている。

"nostalgic and cutting age" is SlowGun’s concept.
roots of inspiration came from the movies, musics, and it extracts the "next cutting age" essence from the 60’s and 70’s era and applied it to his special designs through manufacturing and many other means.

「懷舊亦是創新」是基本的概念。以60~70年代的電影以及音樂為靈感的源泉,將這時代的氛圍與過去的精華萃取出「下一季最新的款式」。這樣的想法不僅反應在衣服的設計更延伸到服飾的製造。

Brand Line

SlowGun(mens/ladys)
PORTRAITS OF THE PIXLE(girls/ladys)
SlowGun Kids(boys)

About Slow Gun

小林学とスロウガン
1988文化服装学院卒。デザイナーの小林学がパリを基点に3年間ヨーロッパ放浪後、フランスのデニムメーカーにデザイナーとして迎えられる。5年間、トゥールーズ本社(南仏)間を往復しながら、東京でクリエイティブを行う。
1993年、当時世界一の設備を誇る岡山のデニム工場入社。物作りの裏方を学びながら、国内外の幾多のブランドに対し、デザイン&製品を提供する。
1998年、小林学・由紀子2名でスロウガンをスタート。現在に至る。

Manabu Kobayashi with SlowGun,
Manabu graduated Bunka Fashon College in the year of 1988, he travelled all over Europe as based in Paris for 3 years. He joined denim manufacture as a designer.
Manabu was going back and forth between Toulouse and Japan for 5 years and while doing most of his creative work in Tokyo. Manabu joined one of the world’s leading edge denim factory in Okayama prefecture in 1993. While he was studying background works at the factory he gave out his designs and products to many domestic and oversea fashion brands.

小林學與SlowGun —
1988年自文化服裝畢業的他以巴黎為基點,周遊歐洲四處流浪後3年,被一家法國牛仔褲的公司聘任為設計師,而在那5年之中,他不停的在法國的圖盧茲 (南法)總公司與東京來回創作。
1933年 他加入擁有世界第一設備工廠的日本岡山牛仔褲公司。在工廠幕後學習到更多,同時他還為眾多國內外品牌,提供設計、製作服飾相關產品。
1998年 小林學與由紀子2位共同成立了SlowGun,直到現在。

Contact

※お問合せは下記のメールアドレスへお願い致します。
お問合せ=white@slowgun.jp

Scroll Up